研修

店頭セールスアプローチ研修
集合研修小売・サービス業
店頭でお客様との関係性を短時間でつくるための視点とアプローチ手法をトレーニングを通じて体得できます。


  • テクニックだけではなく自店においてそれぞれ工夫ができるよう考え方をレクチャー
  • 業種業態に合わせてカスタマイズ
  • 特に取り組みたい課題があればそれを中心軸にして内容を構築
  • 待機時の所作動作も含め、店頭でのスタッフの動きから変える

特徴① 業種業態に合わせたセールススタイル!

考え方は同じでも、やはり取り扱う商材やサービス、店舗イメージ、来店顧客層、によって動きが変わってくるはずです。事前にヒアリングさせて頂き、最も適したセールススタイルの研修を実施します。現状の課題があればその解決も行います。

特徴② 動機づけから入ります!!

レスポンドでは、単調な説明会のような研修は行いません。理解して帰って頂き、翌日から現場で活かして頂くためです。ですので、しっかり腑に落として頂くため「動機づけ」に時間をかけています。動機づけとは、やる意味を理解し腑に落としてもらうこと。これが大変難しいのも事実ですが、ここが研修効果を考える上で大変重要なポイントになります。だから研修の場を「温める時間」を大切にしています。

特徴③ 定着化を図る!!

フォロー研修の実施も可能です。1回めの研修で得たことを店舗で実践後、新たな課題や理解できず応用が利かなかった点を踏まえて研修を実施。完全な改善と定着化を図ります。

こんな悩みに・・・

  • 来店数はそれなりにあるが売り逃がしている
  • 声掛けが出来ていない、もしくは声掛けしてもお客様に逃げられる
  • お客様が入りにくい雰囲気が出ている
  • きちんとした接客も販売ノルマもどちらも求められていてやりにくい
  • いかにもセリフとわかってしまう単調な接客になっている
  • 過去に研修を受けたことがあるが効果が無かった

こんな店舗に・・・

  • 物販を含む説明型商品サービス、売り込みを必要とする商品を取り扱う店舗
  • 家電量販店、家具店、ショールーム型店舗など

カリキュラム(例)

下記カリキュラムは一例です。実際には企業ごとに状況をお聞きした上でアレンジいたします。

ここをタップして表示Close
プログラム目的
グループ討議 
~現状の問題点
売り場における現状の問題点整理と創意工夫の共有
セールスアプローチ
・セールスアプローチの重要性と心得
・購買心理の理論
能動的アプローチの重要性の確認と、購買心理の確認
ファーストアプローチ
・動的待機
・お客様との距離感(パーソナルゾーン)
・アプローチの声かけパターン
・断られた場合の対処
・関心事の質問方法と商品提示後の立ち去り方
・商品体験のアプローチ(商材に応じて)
お客さまとの距離感、
共感コメントを使った声かけ、
断られた場合の対処、
などアプローチ時に必要な各テクニックの習得
店内での展開
明日以降すべきこと
明日以降、店内で実践することを同じ店舗メンバーで確認

実施概要

担当講師宮田寿志
実施スタイル集合型、参加実践型、ロールプレイング
日数・所要時間1日間 (例)10:00~18:00
費用¥400,000~
受講者数1開催あたり30名位目安
※30名以上の場合はご相談ください。
お問合わせ
Return Top