株式会社レスポンド メールマガジン
レスポンドニュース



  メルマガのサンプルはこちら  
 サンプル ※こんな記事が届きます。
2016年7月1日配信

「販売ヘルパーさんも仲間です」

すっかりショップの店頭に入ることが当り前になった
販売業務専門に行う派遣会社から派遣されてくる通称“販売ヘルパー”
光回線、タブレット専門に主に販売されていると思いますが
みなさん大切にマネジメントされていますか?
私は仕事で店舗にお邪魔する際、
販売ヘルパーの方々にお会いすることがあれば
極力お話させて頂くようにしています。
その方々から聞いたお話をここに記しておきます。
「派遣される店によって扱いが違う」

●いい店事例
・ちゃんと全員が挨拶してくれる
・名前で呼ぶように朝礼などで事前に周知してくれている
・実際、どのスタッフからも名前に“さん”付けで呼ばれる
・店ごとのフロアでの運営方法について説明があり、協力要請がある
・獲得できたときはインカムで全員に周知してくれる
⇒結果“売りがい”“やりがい”があるので、「あと1台1件がんばろう」と思う

●悪い店事例

・何か付けて“ヘルパーさん”呼ばわり
・スタッフ同士で「ヘルパーに振っておいて!」のやり取り。しかも自分の目の前で。
・売るのが当たり前扱い
・店ごとの運営の違いについては何の説明もなし
・スタッフはカウンターで忙しいんだから「いらっしゃいませ!」の声をもっと出して!と感情的に言われる
・スタッフに対するちゃんとした紹介はなし
・売れなかったときは、強烈にシロい目で見てくる
⇒できれば二度と入りたくない店舗

“ヘルパーさん”も感情を持った人間です。
ちょっとした気遣いや配慮でモチベーションに大きな変化が生まれます。
高い派遣料金払ってるんだから当然!と言わずに
スタッフと同じように接してあげてほしいものです。
そこで

①朝礼で全員に対して紹介をし、必ず名前に“さん”付けで呼ぶようにスタッフ全員に徹底
②自店のフロアの運営方法についての事前説明と店からのお願い&ミッションを解り易くレクチャー
③獲得できたときは全員で賞賛
この3点です。

★もし派遣されているのに店内がヒマな場合は
①本人からセールス技について、いろいろヒアリングする
②できれば数名のセールス担当のスタッフにレクチャーをお願いする(残念ながら教えることが苦手な販売員が多い)
③あくまでもヒアリングで、褒めながら技をアウトプットさせる・・・

★残念ながら知識の無いスタッフが派遣されてきた場合は
①本人を責める前に派遣会社に即連絡相談
②派遣されている日は料金が発生しているため、最低限やって貰える内容を派遣会社との調整のうえ、本人に伝える

“ヘルパーさん”仲間になって戦力化!


もし自動返信メールが届かない場合はメールアドレスの入力間違いがあるかもしれませんので
再度登録をお願いいたします。



メールアドレス*
お名前*
会社名*
業界*


入力が終わりましたら内容を確認の上、下記にチェックを入れて送信を押してください。
←チェック
※確認画面はありませんので送信前にもう一度内容をお確かめください。



■個人情報の取り扱いについて
ご入力いただきました、お客様のプライバシー・個人情報は、弊社の個人情報管理責任者の管理の下、個人情報の保護に関する法令その他の規範に則り保護し、法令定められた場合を除き、弊社の営業目的以外では使用いたしません。
お預かりした個人情報についてのお問い合わせや開示、それに応じた訂正、削除をお望みの場合は個人情報管理責任者までご連絡ください。ご本人であることを確認の上、応じさせて頂きます。
Return Top