セミナー

【終了】【2015年3月東京仙台ドコモショップマネジメントセミナー】業界の変化に対応できるショップ運営とチームマネジメント

お申込みは終了しました。

2015.3seminartitle
どうすればショップを改善できるのか?
最適なチームマネジメントとは?
「ドコモ光」も始まり、ますます店頭は効率化と目標達成の狭間で難しさを増しています。
また、支援費等のインセンティブの変動もあって、ショップ運営は今後も難しくなってくるでしょう。
日々忙しいショップで新たな「改善取組み」を実行をするためには、しっかりと“動機づけ”した上でリーダーシップをとっていく必要があります。
しかし、店長や運責の方だけが頑張っても、CSリーダーに全部任していても、うまくいかないことが多いのではないでしょうか。
「取組み」の内容もさることながら、動機づけと日々の働きかけがとても重要です。
このセミナーでは、店長や運責以上の皆様を対象に、今後必要なショップ運営とチームマネジメントのあり方を、「ドコモ光」など最新トピックを含む具体的手法をご紹介します。

セミナー内容

  • 〔トピック〕「ドコモ光」開始に伴う現状課題について
  • 直近の重要テーマである「ドコモ光」の訴求ポイント
  • フロア接客との連携、訴求のタイミング
  • 現状を整理してオペレーションを組み立てる
  • わかりやすいツールを独自につくる
  • いち早く流れを作った店舗が勝つ
  • これからのショップ運営
  • ・厳しくなるショップ運営~改善できなくても何とかなった時代は終わる
    ・同じ商品と同じサービス、差別化するためには「人」と「接客」しかない
  • どんなショップ、どんなチームがいいのか?
  • ・「新しいサービスに対する取組みが早い」「新人の独り立ちが早い」「きちんと褒めと指導がある」・・
  • 変化に対応できる良いチームづくりを考える
  • ・これまでの人材育成の盲点
    ・採用面接での注意ポイント
    ・店舗に旗振り役はいるか?(メンバー構成を確認する)
    ・店長・副店長の「できること」と「できないこと」を確認する
    ・新人の受け入れ体制と育成方法のポイント
    ・応対スキルを磨くロープレを日常化するには
  • 店長のスタッフマネジメント
  • ・スタッフに向き合うこと ~ 日常の褒めと躾け
    ・公平な評価に留意する
    ・あらゆる手法を用いてスタッフを前向きにさせる
  • 取組み実施の留意点
  • ・取組みが続かない理由
    ・「動機づけ」のポイント

講師 宮田寿志 / レスポンド代表

pic 全国260店舗を超えるドコモショップにて「フロアマネジメント臨店研修」実施。毎回自らもフロマネとして店頭に立ち、その接客応対を通してつくる独自の研修内容で現場のリアルな課題解決をサポート。
経歴
学生時代から大手ホテルにてホテルマンとして従事。ベルボーイ、フロント、レストランなど全てのホテル業務を経験、顧客サービスの基本を身につける。その後、大手派遣会社にて営業職、ホテルプロデュース会社にてマネジメントを経験後、人材育成企業では研修講師として携帯電話業界および小売流通業・医療機関向けの研修で実績を積む。2011年6月に㈱レスポンドを設立。
研修実績(携帯業界)
店長研修・副店長研修・マネージャー研修・CSリーダー研修・ルート担当者向け研修・店舗マネジメント研修・CS研修・テクノ応対研修・タブレットセールス研修・インストラクター研修・トレーナー研修・フロアマネジメント臨店研修など、NTTドコモおよび代理店企業にて実施。


お申込みは終了しました。

フェイスブックでコメント

Return Top